包茎手術の料金相場は?症状ごとに紹介!

美容形成術が含まれると料金もアップ

包茎手術の料金相場は5~30万円といわれていますが、この料金相場は包茎手術だけでなく美容形成術の費用が含まれているもので上限の金額は、美容形成術を含まないものでは下がります。
また、ナイロン糸による環状切開術や吸収糸を使用した環状切開術など包茎手術で使用する縫合糸の材質などでも料金が変わりますし、包茎の症状でもある仮性包茎や真性包茎、カントン包茎などの種類でも包茎手術の料金は変わるため、現在の男性器がどのような症状であるか明確にすること、それを把握した上で包茎手術の費用相場を確認することが大切です。
美容形成は仕上がりを重視した包茎手術で、クリニックの中には美容形成術をオプションにしているところもありますので、このようなオプションを使った場合の仕上がりと使わない場合での仕上がりがどのように変わるのか調べておきましょう。
ホームページなどにはその違いなどが掲載されていないこともありますが、カウンセリングを利用すれば明確な情報を入手できます。

仮性包茎の包茎手術にはカットしない方法も

日本人の多くは仮性包茎といわれているのですが、そのままにしている人もいますしコンプレックスや衛生面などを考えて包茎手術を受ける人も多いようです。
包茎には他にも真性ヤカントンなど包茎手術を受けた方が良い症状もありますし、カントン包茎でドーナツ状に腫れているときなどは緊急手術が必要になることも少なくありません。
そのため、早めに包茎手術を受けることが良いとされます。
平常時や勃起時など痛みがなく簡単に皮を剥くことができる症状を仮性包茎と呼び、軽度なものから重度のものまで様々です。
性病や早漏などのリスクがあるので、包茎手術を受けた方が良いといわれているのですが、その包茎手術の多くは余分な包皮を切除するもので、相場としては5万円~22万円が相場で症状が軽度で比較的簡単に処理ができるものは料金が安くなります。
また、仮性包茎の包茎手術にはカットしない方法もあるのですが、料金相場は15万円~30万円といいます。

まとめ

包茎手術は、仮性包茎や真性包茎など症状で手術そのものの難易度が変わり難易度が高くなるほど料金はアップします。
また、クリニックの中には美容形成術をオプションにしていてワンランク上の包茎手術を受けるときにはオプションを追加できる、このような料金体系を導入しているところもあるようです。
仮性包茎の場合は、カットしない包茎手術もあるのですがカットするものと比べると料金は15万円~30万円、興味がある人などはどのような手術になるのか調べてみると良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です