ペニス増大サプリで包茎を脱出【包茎の隠れたリスクとは】
ペニス増大サプリの成分を比較して選んだおすすめランキングと口コミ

ペニス増大サプリで包茎を脱出【包茎の隠れたリスクとは】

ペニス増大サプリ

欧米人に比べ、包茎の割合が多いといわれる日本人。ある調査では7割が包茎ともいわれ、その内の約3%が「真性包茎」とのことです。包茎であることは、セックスを困難にすることのほかに様々な問題があります。男性にとって放っておくと取り返しのつかないリスクがあるのです。だからこそ、治療が必要になります。

その方法として手術による包皮部分の切除が一般的ですが、局部にメスを入れるのに抵抗がある男性も少なくありません。最も安心な方法の一つとしてペニス増大サプリもあります。本当にそれで包茎を脱出できるのかも含め、様々角度から「脱包茎」を検証します。

包茎による様々なリスク

包茎とは、包皮がペニスの亀頭部分までを覆ってしまっている状態です。日常生活を送るうえでは何ら問題はありませんが、性交時には大きなリスクを伴います。挿入する際に、皮が亀頭部分で突っ張り激しい痛みが発生。これによりピストン運動に支障が出てセックスがうまくいくどころか、すること自体が困難となります。直接的にはこれが一番のリスクです。

加えて、衛生面でも問題があります。ペニスが皮に覆われていることで、ペニスの間に雑菌が入り繁殖してしまうのです。局部の周辺には大腸菌やカンジダ菌などがおり、感染だけでなく性病リスクも高くなります。これらは、性交時に女性にも害を与えてしまいますから大問題です。

また、包茎の中でもカントン包茎の場合はもっと恐ろしいリスクを伴います。皮がむけた状態ではあるもののそこには相当な無理がかかっており、皮が亀頭を締め付けて最悪の場合、壊死してしまう可能性があるのです。

こうしたリスクの他にも性交時に精液が包皮で妨げられ妊娠しにくくなったり、そもそも亀頭が包皮に覆われているため刺激に過剰に敏感になり早漏になるなど、包茎には男としての自信を喪失するような多くのリスクが潜んでいます。だからこそ、日常生活に支障がないとはいえ、治療する必要があるのです。

なぜ日本人に包茎が多いのか

そもそもなぜ包茎になるのでしょうか。状態としては、発育段階でペニスの扱いを少し間違えたというのが実際のところです。どういうことか。欧米ではかなり早い段階から割礼により、包皮を切除して亀頭をむき出しにします。宗教的な背景もあるもののペニスの生育には健全といえるでしょう。
一方、そうした習慣のない日本では性教育自体も遅れており、本来なら思春期まではむき出しになっておくべき亀頭が包まれたままになってしまっているケースが少ないのです。その結果が仮性も含めた「包茎率7割」という数字に表れているといえます。

現状でいえば、ペニスが皮をかぶったままになるか否かは個人に依存している部分が多い。それが日本の実状です。自分で興味をもってペニスをいじりながらむくのが日本では一般的な包茎からの“卒業”のパターン。家庭によっては、親御さんが幼少期に向いてしまうこともあるようです。

包茎になってしまうのは、自分でいじりながらも亀頭をむき出す際の痛みに躊躇し、最終的にはむかないままでモニョモニョと刺激するだけで終わってしまうケースです。こうなるともう包茎へ一直線です。まさに悪循環で包皮が伸びてしまい、質の悪い「包茎男子」となってしまいます。

包茎を治療する方法とは

亀頭が包皮に覆われた状態が包茎です。ですから、最もシンプルな治療は余った包皮を切除することになります。通常時は包茎で勃起時は皮がむける仮性包茎でも手術する人はいますが、本当に手術で治療すべきは真性包茎の男性です。

とはいえ、真性包茎の男性ほどペニスの痛みに敏感で手術での治療を拒む傾向が高くなっています。そこで注目されているのがペニス増大サプリによる包茎脱出です。本当に効果はあるのでしょうか。簡単にそのロジックを考えてみましょう。

包茎の原因は包皮が余っていること。加えてペニス自体が十分に発達しきれていないことです。そこで、頑張って包皮をむくことを繰り返す。併行して、中のペニス自体を大きくすることで、包皮との割合少しでも縮める。それをサポートするためにペニス増大サプリを活用する――。

ペニス増大サプリのほとんどは血流を改善する成分を含有しています。血流を改善することはあらゆる健康につながりますから、摂取によって包茎から脱出するだけでなくより健康的になるかもしれません。その結果、いろいろな面で自信を取り戻すことでペニス増大につながっていくでしょう。確実いえることは、ペニス増大サプリで包茎を改善するのは最も痛みなく、健全なやり方ということです。包茎に悩み、治療はしたいけど手術は絶対にイヤ。そういう人はペニス増大をサプリを活用してみる価値は十分あるのではないでしょうか。

包茎の状態のリスク、フォアダイス状態とは?

包茎はペニスの亀頭に頭皮がかぶった状態を指しますが、このような状態で起こるリスクの一つとしてフォアダイス状態があります。フォアダイス状態とは、亀頭にできるぶつぶつのことで真珠様陰茎小丘疹と呼ばれるもので、その正体は脂肪や皮脂が固まってしまったものです。

フォアダイス状態は性感染症の尖圭コンジローマと外見的に間違えられることが多いものですが、身体に害を与えるものではありません。しかし、フォアダイス状態がひどい状態には陰茎をパートナーが見た時に性感染症にかかっていると判断されることもありますし、何よりも見た目が悪いと言うことから除去する治療を受ける人も少なくないものです。

一方でフォアダイス状態は包茎の状態になると発生しやすいものとされており、このため包茎状態を改善することでも改善を目指すことができます。包茎状態を改善する方法としては手術などを行うほかペニスを増大させるということでも達成することができます。

包茎はペニス増大で解決できる?

包茎は包皮が亀頭にかかっていることで起こるもので、手術を行う場合には余計な包皮を切除してしまうというものです。しかし、この方法は痛みも伴うなど気軽にできるものではありません。一方でペニスの長さを増やすペニス増大でも包茎の状態を改善することはできます。

ペニス増大の方法はいくつかありますが、ペニス増大サプリを利用するのも手段のひとつです。ペニスを増大するためにはそれに必要な栄養を取り入れる必要があり、それらを効率よく摂取できるものはペニス増大サプリになります。ペニス増大サプリでは、普段の食べ物では得られない量の栄養を摂取することでペニスが成長しやすい状態にすることができます。

ペニス増大サプリを使うメリットとしては、普段の生活に取り入れるだけでよく手術などを行って包茎を改善するのと比べて、体に与える影響がほとんどありません。また、ペニス増大サプリは通信販売などを通じて手軽に購入することができるので明日からでも始めることができます。

まとめ

ペニス増大サプリを使う事でペニスを大きくする事ができ、ペニスが増大する事によってフォアダイス状態を改善する事が出来ます。フォアダイス状態を改善する事ができれば、自信を持ってペニスを見せることができるようになるものです。

またペニス増大サプリは手軽に購入できるものですし、ペニスが大きくなることで男としての自信がつくので、フォアダイス状態を改善するだけでなくさまざまなメリットを享受することが期待できます。

包茎に伴い起こる厄介な症状とは

包茎の人は、そうでない人よりも様々な病気や症状を抱えるリスクがあります。例えば排尿障害がその代表で、排尿時に包皮内に尿が溜まり尿が飛び散るなど、生活上でのストレスの原因になりやすいです。また包皮と亀頭の間に垢が溜まることもあり、衛生面でも心配になる部分が多いのが特徴でしょう。

そして酷い人であれば、陰茎の先が赤く腫れる亀頭包皮炎になる可能性があります。これに罹ると排尿時に強い痛みを覚えるようになるだけでなく、出血する場合まであるため恐ろしいです。尿路感染症に罹るケースも報告されているので、包茎がもたらす病気や症状は本当に色々あるのが判ります。

しかし本当に切迫した状態になるのは一部の人で、やはり包茎は見た目の恥ずかしさから来る精神的な負担の方が大きいものです。従ってそれを改善できる期待が持てるペニス増大サプリは、試してみる価値が高いでしょう。サイズアップに併せて包茎の解消もできるとなれば、男性としての自信も飛躍的に上がるはずです。

何故ペニス増大サプリで包茎が回避できるのか

ペニス増大サプリと包茎は一見無関係に見えますが、陰茎のサイズを大きくすることで先端部に被さる包皮の面積を狭めるメリットがあります。もちろんペニス増大サプリそのものの効果に個人差があるため、誰にでも推奨できるわけではありません。

しかし包茎の改善には本来手術を受ける必要があり、医師への相談や診察も含めて抵抗感が強くなりがちです。人知れず何とかするという意味では、ペニス増大サプリに寄せられる期待は非常に大きいでしょう。

更に包茎の改善という意味では、1cmでも増大に成功すれば一定の成果が見込めます。包皮が被る面積を狭められると、先述した排尿障害も同時に改善され、一石二鳥というわけです。

女性との性的接触の際にも、コンプレックスを抱くことが少なくなるでしょう。最低でも3ヶ月ほどの期間は要しますが、今まさに悩んでいる人はペニス増大サプリの購入を検討してみてください。何かしらの変化が起こるかもしれません。

まとめ

ペニス増大サプリは、包茎によって引き起こされる様々なリスクへの対抗策にもなります。恥ずかしい気持ちや怖い気持ちから医師への相談がなかなかできない人は、新たな一手として選択肢に入れてみてください。

陰茎のサイズアップには血流も重要になりますから、食生活などの生活習慣もセットにして改善していくと効果が出やすくなります。時間はそれなりに掛かりはしますが、根気良く続けて僅かでも包茎の解消を目指していきましょう。

包皮と亀頭の癒着を解決しましょう

男性のペニスが包皮によって先端まで包まれている状態のことを一般的に包茎と呼びますが、包皮と亀頭が癒着した状態を放置すると不衛生です。

第二次性徴期になると多くの男性はペニスが包皮よりも早く成長するため、亀頭が露出した状態になります。包茎の人は亀頭が露出した状態にならず、包皮が癒着したままになるので恥垢などが溜まりやすいのが特徴です。

亀頭が包皮と癒着した状態を放置すると不衛生なため、セックスの際に女性に嫌がられる可能性があります。パートナーとのセックスを安心して楽しむためには、包皮と亀頭の癒着状態を解決しなければなりません。

日本人男性の多くは仮性包茎であるとされており、病院で手術を受ける以外にペニス増大サプリで改善することも可能です。仮性包茎の人が病院で手術を受ける場合には保険が適用されないため費用がかかりますが、ペニス増大サプリを使えば安い費用で包皮と亀頭の癒着を解決できます。

ペニス増大サプリは仮性包茎に効果的です

包茎には仮性の他にも真性やカントンなどの種類あり、それぞれ症状や治療方法に違いが存在します。仮性の場合は平常時に皮が被っていても手で剥くことができ、ペニスが勃起すると自然と亀頭が露出する人もいます。

真性の場合は包皮と亀頭が癒着していたり、包皮口が非常に狭いため亀頭を露出させることができません。勃起をした場合に亀頭が露出することはなく、無理に皮を剥こうとすると痛みを伴います。カントン包茎は平常時に亀頭を露出させることは可能ですが、包皮口が極端に狭いため無理に剥こうとすると戻らなくなったりうっ血します。真性包茎やカントン包茎の場合は保険が適用されるので病院で手術を受けるのが一般的な治療方法です。

仮性包茎の場合は市販されているペニス増大サプリでサイズアップを図ることで自然と改善することができます。ペニス増大サプリを使えば、ペニスが大きくなるだけでなく安い費用で包皮と亀頭の癒着を解決でき衛生状態も改善されるのでパートナーの女性に喜ばれます。

まとめ

包茎の男性のペニスは包皮と亀頭が癒着した状態になるため恥垢などが溜まり不衛生なだけでなく、セックスの際にパートナーの女性に嫌がられる可能性があります。

仮性包茎の場合は病院で手術を受ける以外に、市販されているペニス増大サプリを使って改善することも可能です。ペニス増大サプリを使えば、手術を受けるよりも安い費用で包皮と亀頭の癒着を解決し衛生状態を改善できます。パートナーの女性と安心して楽しいセックスライフを送りたいのであれば、ペニス増大サプリを上手く活用するとよいでしょう。

壊死に繋がりかねない嵌頓包茎

一般的な包茎は、亀頭の大部分までを覆うほどの皮が余っている状態です。そして真性包茎ほど大きな症状になると、先端部分がすぼんだ形になります。その状態のまま無理矢理亀頭を外側に出そうとすると、すぼんだ部分が亀頭の根元、いわゆるカリ部分に引っかかってしまいます。その状態を嵌頓包茎と呼び、亀頭を出した直後は正常に近いように見えるかもしれませんが、その状態を放っておくとトラブルに発展する可能性が高いです。

特に危険なのが亀頭部分が締め付けられることによるうっ血で、最悪の場合は先端が壊死します。その他にもキツく締め付けられるので摩擦が強くなり、炎症を起こすなど、様々な症状があります。もちろん痛みも伴うので、日常生活に支障を来す可能性も十分にあります。そのためできるだけ早い段階で、何らかの対処をしなければなりません。その方法は外科的な手段を用いることになるので、ペニス増大サプリでは不可能です。

ペニス増大サプリの範囲外の施術

嵌頓包茎の対処の初期段階は、物理的に元の状態に戻すものです。なってからあまり時間が経っていないのであれば、手で戻せる場合もあります。うっ血が起こり先端部に血液が溜まっている状態だと、まずはそれを逃がさなければ難しいです。そのため圧迫などの手法が用いられますが、いずれにしても元の形に戻すことができれば、症状が治まる可能性が高いです。

もし手で戻すことができなければ、手術を行うことになります。その形は元に戻しやすくするために少し切開するものであったり、包茎になっている皮を取り除く本格的なものまで色々です。

このような施術的な処置には、ペニス増大サプリが活躍できる場面はありません。ペニス増大サプリを服用したからといって、引っかかっているカリ部分がしぼんだり、すぼまっている皮が緩むということにはならないため、サポートとしても意味はほぼないと考えてよいでしょう。そもそもペニス増大サプリにそのような働きが期待されていない上に、もしあったとしても嵌頓包茎を改善できるような早い変化は起こらないです。

まとめ

ペニス増大サプリはゆっくりとした効果を見込んで使用し、その内容はあくまでも成長の部分が多いです。そしてトラブルの改善は含まれていません。

嵌頓包茎は数あるペニストラブルの中でも早急に対処が必要な部類なので、決してペニス増大サプリでなんとかしようとしてはいけません。また嵌頓包茎は自然になることは少なく、力を加えると発症します。したがって自分でわかるはずなので、一刻も早く専門家に相談するようにしましょう。

ペニス増大サプリと包茎のまとめ

そのリスクの多さを考えれば絶対に治療すべき包茎。手術以外だと自分で頑張って何とかむき出すくらいしか方法はありません。そうした中で、全く痛みのない方法としてペニス増大サプリが注目されています。

シトルリンやアルギニンといった血流改善が確認されている成分が含有されている製品が様々販売されていますから、「これは」と思った製品をみつけてまずは一度試してみるといいでしょう。手術ならすぐに終わりますが、ペニス増大サプリは薬ではないので期待した効果を得るまでに時間はかかります。それでも痛みなしに皮をかぶったペニスから卒業し、男としての自信を取り戻せるならなんてことはないのではないでしょうか。

コメント